FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうチップ

ポテトチップじゃないよ。

海外とかで「サービス代」として払うあのチップです。

バックパックでキューバに行ったときのこと。

それまでは貧乏旅行だったこともあり、チップなんて払うつもりも払うほどのお金もなかったのです。

ただ、個人的に雰囲気も接客も、味も凄く好きになった店があったんです。

4519267_295085574_1large.jpg



日本人が良く来るということで、日本語のメニューも置いてありました。

雨宿りに入って、チーズケーキとチョコラテを注文。うまかった。

友人との会話も弾み、いつになく真剣な話をしたような。

これからの仕事の話(当時大学4年でした)、友人の話、将来の展望。

そして会計。友人の分の代金をもらい、僕が代表して払うことに。

チップをいくらくらい払えばよいか分からなかったし、どんな感じで渡すかも分からなかったのだけど、

会計するときにそれとなく「ありがとう」といった雰囲気の表情と差し出し方で渡したら、

少し驚いたような満面の笑みで「オー!センキュウ~」と。

もの凄い良いものだなと思いました。

素晴らしいサービスを受けたら、こちらもそれに答えてお礼をする。

至極まっとうな素晴らしい習慣だと感動、興奮して思わず手帳に書き留めました。


まあ、チップの習慣がある国って、上記のような感じではなくて、
感じ悪い店とかでも払わなきゃいけないんですよね。それは嫌だな。


一般的に「お客さま」精神を持つ日本の接客は本当に素晴らしいと思う。


手帳に書いてあった「ありがとうチップ」という単語を見て、思い出した話でした。


4519267_295085591_1large.jpg
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。