FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽善で結構じゃないか


(twitterから続くhttp://twitter.com/dicamai/status/53489738539204608)

んなわけあるかい。

少しずつ被災地のニーズがつかまれ、

それぞれの起こした行動が形になり始めている。

「チャリティー」の名を冠した試合やパーティーが開催され、

どんな形であれお金が届けられる。

カズがゴールを決めても、被災地の人が見られているかと言えばそれは微妙だろう。

でも、言葉を通して伝わりうる。もちろんネットを通しても。

カズがゴールを決めたことで、少しでも多くの人が注目する。

少しでも多くの人が100円でも寄付しようと思う。

とても尊い動きだと思う。

効果的な援助の方法を検証していくことは必要だ。

でも、こういうときにやたら穿った目で「偽善だ」「会場の人が楽しんでるだけ」

と言っても何も始まらない。

有名人が、「被災地産の商品を買おう」

と言って、少しでも多くの人が動けばそれは良いことじゃない。

「どうせ意味ねえ」とか言って動かないよりどちらが尊いか。

新聞紙面はどんどん平常時の紙面に戻っていく。

被災地から離れた地方紙では既に震災体制の紙面でなくなった新聞も多い。

全国紙も、テレビも、少しずつ戻っていくでしょう。

でも、本当に大変なのはこれから。

誰も見なくなった。誰も助けなくなった。興味を失ったときに、どれだけ手を差し伸べられるか。

日本人の底力を見せるときやと、思うんです。

※今回はエイプリルフール特別・ツイッター連動ブログでした。


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。