FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動隊員の暴言について

久々に沖縄関係の記事です。

機動隊員「ぼけ、土人が」 ヘリパッド建設抗議の市民に

暴言の中でもなかなかにひどい。土人とかシナ人なんて、若い子は意味分からないんじゃないでしょうか。



上は「シナ人」発言ですが、隊員もかなり厳しい顔つきで、ちょっと正常な精神状態じゃないんじゃないかと思ってしまいます。

発言者はどちらも大阪府警の20代機動隊員。これだけ若いと、この言葉は先輩たちから受け継いだか、ネットから仕入れたんでしょうね。私はネットからかな、と思います。土人とかシナ人とか、もはやネット上での罵詈雑言でしか目にしない言葉ですよ。日常生活で使う言葉じゃない。

さて、北部訓練場のヘリパッド建設では、抗議する市民と機動隊員の衝突が日々激しさを増しています。

屈強な機動隊員にとっても非常に厳しい現場です。ヘリパッド建設を止めたい人たちからすれば、機動隊は邪魔でしかないですし、それこそユーチューブの動画を漁れば、機動隊側もかなりめちゃくちゃな罵声を浴びせられていることがわかります。

それでも機動隊員は安易に反論できませんし、暴力で対抗することもできません(基本的にはね。してる部分もあるようですが……)。

基地反対の行動はそんじょそこらのデモとは激しさが違います。地元住民もいれば、県内のほかの地域から集まった人もいるし、県外の人も、それこそ実際にプロ活動家と呼ばれる東京なんかで有名な人もいます。冷静な人もいれば、過激な人もいます。どんな立場の人であれ、おかしいと思うことに声を上げる権利はあるわけですから。

あと、沖縄はとにかく暑いはず。長袖の制服で活動する機動隊員は正直気の毒にうつることもあります。

機動隊員は職務遂行のために警備しています。抗議活動をする人たちの話を聞いて、心が動く隊員もいるかもしれませんが、そんなものは関係ありません。職務を続けようと思えば、何かにすがらないとやっていられません。

そんなとき、ネット上の基地反対の人々を中傷する「土人」「シナ人」なんて言葉を頭に刷り込んで、反対する市民は問題ある人たちなんだ、俺たちが黙らせないといけない!と警備活動を正当化する方向に動いてしまう。

そんな精神状態になったのかと推察します。

まあ、単にそもそも乱暴で凶暴な素行の持ち主なのかもしれませんが。

いずれにせよ、警察庁が指導徹底を全国に通知し、菅官房長官が発言を批判するにまで至ってしまいました。

動画の力はすごいですね。これまでも機動隊員の暴言問題は浮上したことがあるようで、ネットを探すと「ブタ1匹確保」「おまえは犯罪者」とか、地元の新聞では取り上げられてきたようです。それでもここまで波紋が広がらなかったのは、明確な証拠がなかったから。県警が「発言を確認できない」と逃げる道があった。だけど、今回は明確に動画が撮影され、発言もしっかり残っていた。これは非常に大きい。やはり、映像というものの力はすごいですね。証拠がないと泣き寝入りだったろうと思います。

木曜日には翁長知事が県警本部長に抗議をしに行くそうで、新たな動きも出てくると思います。

既に松井一郎大阪府知事のツイッターでの発言が問題になっていますね……。

土人発言機動隊員に「出張ご苦労様」

今後もこういうのが出てくるのでしょうね。

それにしても、北部訓練場のヘリパッド建設の現場は機動隊、工事業者、抗議活動の人々、誰ひとりとして得する人がいないんじゃないかと思ってしまいます。みんなが日々傷ついている。得するのは米軍だけ? なんかため息出ますね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。