FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄っぺらな『スポーツLIFE HERO’S』

昨日、「スポーツLIFE HERO’S」というフジテレビの夜のスポーツ番組を見て、心底がっかりした。

Jリーグの鹿島vs浦和のチャンピオンシップの内容が知りたくて、ザッピングの結果たまたま放送していたHERO’Sを見ていたのだが……。

試合内容は得点シーンを少し報じただけ。あとは生中継で選手をスタジオに招き「イケメンチャンピオン」等々、フジテレビのワイドショーお得意の本質から外れたくだらないインタビューの嵐。

比較的遅い時間帯の番組だから、他局と内容が重ならないようにとか、いろいろ狙いはあるのかもしれないが、あまりにもスポーツへのリスペクトを失ったくだらない内容。優勝が決まった日にやることなのか?

他のニュースで知ったことだが、小笠原が交代させられたときにいら立ったり、鈴木がとったPKを金崎が奪ったり、試合として面白い場面が随所にあったように思う。それをインタビュアーにぶつけられた選手の反応もなかなか面白かった。

HERO’Sのホームページには以下のように書いてある。

「勝者だけがヒーローではありません。敗者にも心に残るヒーローがいます(…)ヒーローを通してスポーツのすばらしさ厳しさと感動を伝え…」

たまに見ることもあるけど、こういうスタンスはまったく感じない。「うちの目玉女子アナが、がんがんインタビューしちゃいます!」ってなイメージ。選手よりも女子アナが浮いている。ワイドショー化もはなはだしい。

もちろんワンコーナーとりあげてこんなことを言うのはなんだけど、普段から見ていてイライラする番組作りで(じゃあ見るなって話だけど)…。正直、早く終わって欲しい。せめて「すぽると!」時代のレベルに戻してほしい。

この件について、ネットで評判を見てみようと思ったけど、そもそもほとんど話題にすらなっていない。

フジテレビ、なかなか厳しい状況にあるんだなと改めて感じました。

きょう4日には、すぽると!時代の名物企画「プロ野球100人分の1位」企画が復活するらしい。選手目線で各部門のプロフェッショナルを表彰する企画。こういうアマチュアが感じないプロの目線や、考え、判断を知ることのできる企画を放送してほしい。

いまのままじゃあ、女子アナ目当てのファン以外つかないよ。

あと、スポーツは子どもたちも関心があるわけだから、もっと早い時間に放送できないものかな、とも思う。スポーツ自体が夜遅くまで試合をしているケースも多いから、なかなか難しいのかなあ。


散々文句を言いましたが、でも、でも、視聴率は好調らしい(笑)。本当かよ…。てことはまだ続くのか? 正直、カトパンのインタビューとか不愉快でしかない。プロのジャーナリストに質問させて、映像に映るのは選手だけで十分だと思う。

__________

フリーアナウンサーの加藤綾子(31)が司会を務めるフジテレビのスポーツ情報番組「スポーツ LIFE HERO’S」(日曜後11・15)の視聴率が好調だ。
13日の放送では5・9%(関東地区、ビデオリサーチ)を記録。これは4月の番組開始以来、最高の数字で、同時間帯の横並びでもトップだった。

人気の要因のひとつが加藤アナの“突撃取材”。フィギュアスケートの羽生結弦選手や元ヤンキースの松井秀喜氏らを訪れて直接インタビュー。
大物アスリートやレジェンドにも物おじしない切り込みで、その素顔を引き出している。

13日の放送ではカブスをフリーエージェント(FA)となった川崎宗則選手がスタジオ出演。
去就についてコメントしたことも話題になった。

番組関係者によると、今後も現場取材や選手のインタビューを積極的に行っていく意向。
加藤アナも「スポーツキャスターとしてスポーツや選手の持つ魅力をもっと伝えられるよう頑張りたい」と意気込んでいるという。

スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/16/kiji/K20161116013734800.html
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。