FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でぃかまいの就活

今日は私の就職活動の話をしようと思う。

この職を選ぶまでの道のりだ。

今の就職戦線は、大学3年の夏くらいから始まる。

インターンシップという「職業体験」を通して、ゆとり学生に仕事の中身を知ってもらおうという試みだ。

会社によっては、「職業体験」の中でしっかりと青田買いをすすめている。

そもそも「職業体験」に参加するのに履歴書や面接という関門があるのだ。

だからこそ、学生もある程度の信憑性を持って、「青田買いされている」「自分は選考を受けている」と緊張感をもつ。

就職活動は始まっていると意識せざるを得ない。


そんなインターンシップだが、3年の夏が本番でそこから4年の就活まで続いていく。

私はそのインターンシップで惨敗した。言い訳の仕様もない見事な負けっぷりだ。

なんと数十社にエントリーシート(ES)を出して、すべて面接にすすまず、最初の関門で弾かれてしまったのである。

文章と写真のレベルで落とされたのだ!

「あそこで句読点付け忘れたからかな。ああ、証明写真の髪が長かったからかな。ああああ」

と、どんどんインターンに受かっていく友人を見ながら無意味なことを考えに考えたものである。

これがまた笑えない。

笑えないのである。ほとんどの就活生はそういうことを必死で気にしているのだから。

もう、苦悶の日々である。

焦りだして、毎日のように身栄えなく多くの企業にエントリーしたにもかかわらずだ。

「これが氷河期か・・・」

実際のところ氷河期云々も厳しい現実だが、圧倒的に自分の考えが甘かっただけなのですが・・・。


明日もネタがあるか不確定なので、今日はここまで。

次はでぃかまいの就活~挫折から冬のインターン編・怒涛の攻め~

よろしくおねがいします。
関連記事

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。