FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳田法相の失言


柳田法相更迭「気を許しすぎた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101122-00000006-maip-soci


柳田法相が辞任しましたね。

皆さんご存知のとおり、火種となったのは今や政治家につきものの「失言」でした。

法相はいいですね。(国会答弁では)二つ覚えておけばいいんですから。「個別の事案についてはお答えを差し控えます」。これはいい文句ですよ。これがいいんです。分からなかったらこれを言う。だいぶ(この答弁で)切り抜けてまいりましたけど、実際の話、しゃべれない。あとは「法と証拠に基づいて適切にやっております」。まあ何回使ったことか

いやぁ、舐め腐ってますね。

しかし、政治家って何でこう失言を繰り返すのか。

メディアが来ているか来ていないか、
メディアや視聴者、読者がどういう発言に食いつくか、
くらい、長い政治家人生を勝ち抜いてきたわけですから、わかると思うんですけどね。


まあ、「気を許しすぎた」っていうのもわからんではないし、
正直ちょっとくらい許してやれよという気にもなるのですが、
それが許されないのが大臣であり、政治家なのでしょうね。

検察の証拠改ざんなどの話をしている文脈だったようですし、国会軽視云々というよりも、
むしろ大臣としての資質を欠いている、社会人として不適切というところでしょうか。

国会を軽視していないほかの議員は、「個別の事案についてはお答えを差し控えます」「法と証拠に基づいて適切にやっております」という発言が出た時点で法相を問い詰めるべきなんでしょうけど。
どう考えても、答えになっていないですよね。国会がいかに議論の場でないかがはっきりとしたということですね。

で、辞任ですか。

国会軽視して国会の為に辞めるっていうのがなんとも・・・。

失言ひとつで国会が機能停止になる時点でおかしいんだろうなぁ。


・そもそも、軽視した「答弁」が出た時点で批判すべき
失言ひとつで国会が機能しなくなるという脆弱さ
・公式の場で失言してしまう愚かさ
・異常に過敏なメディア、視聴者

政治家って、やっぱストレスたまるのかなぁ。
公式の場で失言してみたい衝動に駆られてしまう何かがあるのかなぁ。
それとも、選挙区の「顔」として支援者の前で面白いこといわなきゃならないプレッシャーでもあるのかなぁ。

ここでひとつ動画紹介。




なんか純粋に、こういう議論って見ていて楽しいよね。
要所要所で答えられない部分をごまかすのって、討論のテクニックのひとつだと思います。
でも、討論をするのであれば、そのごまかしを相手がしっかり見抜かねばならない。
野党がしっかりしていないと駄目なのは、そういうところだと思います。

単純に失言をあげつらうのって、誰にでもできますもんね。

あぁ、眠くなってきた。

こんなんありました。参考に。
政治家失言ランキング。
http://www.vote5.net/politics/htm/1186368377.html


今日は大好きな人形劇三国志のフィギュアを意図せずしていただくことが出来たので、上機嫌。

人生一期一会。乙。
関連記事

コメント

ぶっちゃけ総辞職しても、言う人が変わるだけのような気がしますね。
失言ひとつふたつで揺るがない政治をしていただきたい。

柳田法相だけでなく

柳田法相
仙谷
アッ!菅直人

舌禍の固まりは…

早く内閣総辞職し衆議院選挙してくれる?

ついでに参議院のアホ丸出しの谷(柔道)も
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。